『楽しく生きる!』第2実験室

自分の直感を頼りに、自分の感じたことを咀嚼するために文章にしています。 突っ走ったりやすんだりしながら、自分のペースを知るために日々過ごしています。 わたし自身、身近な世界のことで手一杯なのですが、 わたしのまわりにいる人たちが穏やかに過ごせることで、 そこからさざ波のように安心感が広がっていきますように。 

人いちばい繊細な人たち  HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)

「人いちばい繊細な人たち」と称される

HSPの持つ気質について

 

 

エレイン・アーロン博士が1991年から高敏感性の研究を開始

人口の15〜20%と言われ、人に限らず100種類以上の動物にも同じ気質が見られることから、「繊細さ」は生きとし生けるものすべての生存本能であり、「生き残るための戦略のひとつ」であると考えられている。

 

 

 

HSPという気質には、アルファベットの頭文字を取った『DOES(ダズ)』と呼ばれる4つの特性があります。

 

4つの特性全てに当てはまるとHSPであると定義されています。

 

 

 

 

 

① Depth of proccessing

考え方が複雑で、深く考えてから行動する

 

・一を聞いて十のことを想像する

・調べ物を始めると、深く深く掘り下げる

・天お世辞や、嘲笑をすぐに見抜く

・物事を始めるまでに、あれこれ考え時間がかかる

・その場限りの快楽よりも、生き方や哲学的なものごとに興味があり、浅い人間や話が嫌い

 

 

② Empathy and emotional responsiveness

人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい

 

・人が怒られていると、自分のことのように感じ、傷ついたりお腹が痛くなったりする

・悲しい映画や本などの登場人物に感情移入し、号泣する

・人のちよっとした仕草、目線、声色などに敏感で機嫌や思っていることがわかる

・言葉の話せない幼児や、動物の気持ちも察することができる

 

 

 

 ③ Overstimulation

刺激に敏感で疲れやすい

 

・人混みや大きな音が苦手

・友達との時間は楽しいものの、気疲れしやすく帰宅するとどっと疲れている

・映画や音楽、本などの芸術作品に感動して泣く

・人の些細な言葉にも傷つき、いつまでも忘れない

・些細なことに過剰なほど驚いてしまう

 

 

 

 ④ Sensitivity to subtleties

あらゆる感覚が鋭い

 

・冷蔵庫の機械音や、時計の音が気になってしまう

・強い光や、日光の眩しさなどが苦手

・近くにいる人の口臭や、タバコの臭いで気分が悪くなる

・カフェインや添加物に敏感に反応してしまう

・肌着のタグなど、チクチクする素材が我慢できないほど気になる

・第六感が働き、よく当たる

 

 

感覚が理解されないことや、他の人とは何かが違うという違和感から

生きづらさを感じることが多いようです。

 

明日は、HSPの2種類の型(内向型、外向型)について書いていこうと思います。

 

 

あなたにとって心の安らぎと幸福感が訪れますように♪

 

 

suttontonplus.com